TOPICS

2021.01.08開催報告

中村ゼミ ~黒崎まち美化運動に参加、SDGsについて学ぶ

写真
JR黒崎駅前カムズ商店街周辺の清掃活動後に

12月10日(木)、中村ゼミ流通科学部3年生15名は、北九州市八幡西区で学外活動に取り組みました。

まず黒崎まち美化運動に参加し、黒崎美化推進協議会の平山会長のご挨拶の後、約1時間程黒崎駅周辺のごみ拾いを行いました。
この活動は、毎月第2木曜日の午前10時から、JT北九州支店の方々をはじめ地元企業や住民の方々と黒崎商店街周辺のごみ拾いをするというもので、八幡西区役所が支援しているとのこと。今回、中村ゼミ卒業生の先輩が八幡西区コミュニティ支援課に勤務している関係で、ボランティア活動に参加しました。
清掃活動では、事前の予想とは裏腹に、落ちているごみが少なく、普段から住民の方がしっかりと清掃されていることが見てわかりました。このような活動は50年の歴史があると伺い、「地域を綺麗に」という心掛けが伝統として受け継がれていると感じました。

その後、八幡西区役所に移動して、2020年度に採用されたコミュニティ支援課の職員の方から、公務員、民間企業の就職活動の経験を聞き、質疑応答も行いました。また、北九州市企画調整室SDGs進室の職員の方には、北九州市がなぜSDGsを行うようになったのかそしてこれからどのような取り組みを行っていくのかなどお話を伺いました。
昨今SDGsは世界各国で取組まれていますが、まずは自分たちの身の回りの課題をしっかりと解決することが大切であり、SDGsにもつながっていくということを学びました。

今回の学外活動を通して、改めて北九州市の素晴らしさであったり、これから若者が社会に貢献するために必要なことなどを学ぶことができました。

中村ゼミ 三年ゼミ長 吉村一輝
ページの先頭へ
コンテンツ一覧を表示